空虚な日常の欠片 その42

Mリーグ監督スタッフ対抗戦をようやく見終わりました。
あと1ヶ月もしないで3期目のMリーグが始まる訳で、いろんなテストをしたのだと思います。
こちら側から見ただけでも、新しい牌、新しいユニフォーム、新しい照明がわかった訳で、裏側ではもっといろいろ試したりしたのでしょう。
開幕が待ち遠しいです。

麻雀とはどういうゲームかというのを改めて認識したりもしました。
とりあえず、役をある程度覚えていれば楽しめるゲームなんだと思います。
手順がセオリー通りでなくても、教科書なんか覚えていなくても、強い人に勝てたりするゲームです。
和了ると嬉しいですからね。
パイレーツファンの私としては、木下監督があの最強位藤田社長に勝っちゃったのは驚きでした。
そして、そういうゲームなんだよなと再認識して嬉しかったです。
一方でフォローが必要なところもよくわかりました。
最終局は、毎回条件確認をしていました。
それでも木下監督はトップでは無い所からロンしてしまって、点数が足りずに2着となってしまいました。
点数計算が重要で、その点数計算は初心者には難しいというわかりやすい例だったと思います。
きっと木下監督は牌を持ってくる度に、頭の中で指折り数えて役を確認していたのでしょう。
それでも間違ってしまいました。
初心者には大変なんですよ。
実際、毎局終了後に条件確認をしてフォローをしていたのですが、それでも足りなかったのだと思います。
この辺のハードルをどう下げるのか?
重要な課題ですね。
わかりやすいモデルケースとしてなかなか有用なんじゃないかと思います。
結局は慣れで、いずれ息を吸うように点数計算できるようになるんですが、それでもハードルが高い事には変わりない訳で。
先にはさらに高い山深い深い沼か?がある訳ですから、ハードルはなるべく低い方が良いと思います。
なんかこう、言われなくてもわかってるよってところのような気がするね。

乃木坂さんと麻雀する番組も見ました。
瑞原プロが3人箱下にして11万点超獲得するという暴虐の限りを尽くしたところまで見ましたが、眠くなってしまったので中断。
なんで寝落ちしたんだろう?
課長の300回記念生放送もまだ見てないし、NHKスペシャルも見てないし、録画がたくさん溜まってます。
結局一度も見ないで捨てる気が。
そういうものですかね?

膝が痛いのでトレーニングはしてません。
だいぶ痛みは治まって来てますが、まだまだ腫れてます。
もうしばらく様子見。
風呂に入って体を見る度に、小さくなったなぁと思ってます。

だからつぶやけって。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント