プチリベンジの日の最終回

入管法改正の時に転んだのはどこの党でしたっけ?
技能実習生が国を出る時に莫大な借金をしている問題についてです。
借金を返済するために、失踪して不法滞在者になって時給の高いところで働くってやつです。
特定技能の在留資格を新設する際に、この問題を解決するため、悪質なブローカーを取り締まるという付帯決議をしました。
付帯決議を条件に改正に賛成した党があったはずなんです。
維新?国民民主?
どこだったかなぁ?
ま、信用できない党のどこかなんですけどね。
で、この付帯決議。
さっぱり実効性がありません。
送り出す国と日本との間で付帯決議に関する覚書を締結する事になっているんですが、まだ、締結できていない国があります。
そもそも、締結できていない国があるんです。
もちろん、その国からも労働者を受け入れます。
先日は、自国での書類と日本に提出する書類に全く違う手数料を書いているブローカーが報道されました。
では、この悪質なブローカーは摘発されたのか?
正解は”わからない”です。
覚書を締結していたとしても、日本ができるのは情報提供までです。
だって、日本は中国やベトナムでの警察権なんか持ってませんから。
日本の外務省なり厚労省なりが乗り込んでって悪質ブローカーを摘発するのは、思いっきり内政干渉ですから。
摘発するかしないか、仮に摘発するとしてどの程度本気で摘発するのかは相手国任せです。
相手国任せにしかできないのです。
さっぱり実効性の無い付帯決議です。
たぶん、転んだ時にも書いてると思うんですが、こんな付帯決議が何の役にも立たない事は最初からわかっていたんです。
こんな絵に描いた餅で、自分は仕事したって顔してるのが腹立たしいんです。
私がピンハネに加担してるみたいで、ものすごく気分が悪いです。
制度が始まって45日くらいですけどね。
問題ばっかりだと思うなぁ。
右折と直進の責任についてはいろいろ報道があるけどさ。
こういうのもきちんと追いかけて欲しいなぁ。

さて、プチリベンジの日の最終回です。
じつに、3月24日以来。
そんなにひっぱるネタだったか?
なんか、すみません。

今回はガンプラビルダーズワールドカップ2018の作品をいくつかアップします。
プチリベンジに行った時に展示されてまして。
投票をしていたのか結果発表だったのかは覚えてません。
気になったものをいくつかアップしますが、問題があるようでしたらすぐに削除します。
お手数ですがご連絡下さいませ。

では。

いわゆる?

画像


キットを改造しましたっていう作品は少なかったと思います。

こういう

画像


ディスプレイベースから改造した物やがっちりジオラマになっている物が多かったです。

日本代表のは

画像


こうですから。
暗くてすみません。

私が気に入ったのは

画像


これ。
最初、気が付かなかったです。

あと

画像


これ。

これは特に

画像


この色が気に入りました。
このグラデーションはどうやるんでしょう?
これを筆塗りでやっていたら、今から弟子入りを志願しに行きます。

ちなみにグランプリ?は日本代表ので、ジュニアコースグランプリは弟子入り志願のです。
すごいですね。
ガンプラビルダーズワールドカップ2019日本大会のエントリーは今日から始まっているようです。
今年はどんな作品がエントリーされるのか、今から楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック