空虚な日常の欠片 その60

完全にタイミングを逃してますが、創価大学はもう少しやりようがあった気がします。
確かに駒澤大学の10区は区間賞の快走でしたが、それでも3分以上の差がありました。
あ、箱根駅伝の話です。
それが最終的には1分以上遅れてゴールでした。
トータル4分の差になってしまったのです。
創価大学のアンカーは区間20位でした。
これが区間10位なら創価大学が余裕で優勝でした。
ランナーの実力は知りませんが、選手名鑑によると小野寺君はハーフマラソンを1時間5分で走れます。
区間10位のタイムでは走れる選手です。
レースは一切見てませんので、実際に何があったのかは知りません。
が、監督含め選手ではない人は、もう少しやりようがあったのではないかと。
抑えめで入るとか途中で切り替えるとか、もう少しやりようがあったのではないかと。
確かに奇跡の逆転で大変ドラマチックですが、駒澤が強くて勝ったというよりは創価がやらかして負けたのではないかと。
小野寺君には来年も是非走って欲しいです。
今、どうしているのか分かりませんが、もう2022年の箱根は始まってますよ。
悔いの残らない練習をして欲しいです。
練習というのは休息も含めて練習という事も一応言っておきます。

私のニューヨークジャイアンツはプレーオフ進出を逃しました。
テレビ放送がめっきり少なくなりましたが、それでも応援はしておりました。
開幕5連敗からスタートでしたので仕方のない事ではあるんですけどね。
他力本願ですが、最終週までプレーオフ進出の可能性がありました。
プレーオフに進出すれば、絶対にテレビ放送があります。
ジャイアンツを見る機会は飛躍的に増えます。
機会を逃してしまいました。
見たかったなぁ、ジャイアンツ。
残念です。
ま、6勝じゃね。

年末にはしごまでして会食をしました。
党の幹事長は会食が目的ではないという意味のわからないコメントを出しました。
にもかかわらず、飲食店が悪の温床のような緊急事態宣言を出そうとしてます。
あげく、議員の会食のルール作りをするとか言っちゃって。
ルールなんていらねぇって。
会食しない。
それで終了だって。
悪いのは飲食店ではなくて、飲食店で飲んで食べる客です。
これは絶対に間違えてはいけない事です。
つまり悪の権化はステーキ店ではなくて、スガです。
スガの数々の悪行によって、東京1,500人という事態になったのです。
俺のせいじゃねぇみたいな顔して年頭の記者会見してましたね。
全く腹立たしい。
何の解決にもなりませんが、あいつはまず土下座すべきです。

年が明けたら本格的に遺品整理と思ってました。
が、吐き気がするほど肩が痛いのだそうで、がっちり介護生活です。
遺品整理も逃げ恥もペンディング。
とりあえず生活している感じです。
余裕ができたら芋を買いに行きたいのですが、それもいつになるやら。
時間に追われている事はそんなには無いのですが、確定申告だけはしないといけません。
混むなぁ。
行きたくないなぁ。

だからつぶやけって。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント