今年も食べました

コロナと経済の両立という言葉も嫌いです。
withコロナはまだわかります。
ワクチンができるまでは、そうせざるを得ないですからね。
ですが、コロナと経済の両立は嘘です。
二項対立ですから。
二律背反ですから。言ってみたかっただけなんですが、どちらがより相応しいのでしょう?
言葉を聞くと、特に権力を持っている人間がその言葉を使うと、あたかもそれが当然であるように感じてしまいます。
錯覚です。
欺瞞です。
最もわかりやすい言葉で言うと、嘘です。
全世代型社会保障とか国土強靭化とか財政健全化とか、いっくらでも出てきますが、どれか一つでも達成されてます?
なんで信用しているのか私にはさっぱり理解できないんですが、奴らは嘘つきなんです。
経済というのは物なり金なりが移転していく事で成立しています。
電気も上下水も自分で用意して畑で採れた物と海や山で獲れた物で生きる事を経済とは言いません。
とれた物を何かと交換する事を経済と言います。
交換作業をする時には必ず人間と人間の交流があります。
交流があれば感染のリスクがあるのも当然です。
経済活動をするとコロナが拡大するのは当たり前の事なんです。
特に現在の資本主義社会では、利益追求や効率は至上命題です。
人間と人間が極限まで交流する事で巨額の利益を生み出してます。
在庫を削減して価格設定を下げ、それにより高い回転率を維持して利益を上げています。
綺麗な言葉で言うと”無駄をなくす”です。
悪い言葉で言うと”万が一には備えない”です。
とにかく、利益を生み出すシステムを極限まで稼働させるのが現代資本主義です。
という事は。
コロナと経済の両立なんて、ワクチンが完成するまでは絶対にしません。
両立なんてとてもとても。
正確には”だましだまし”です。
今の経済状況は、コロナという台風が来たので本数を減らして運行している電車と同じです。
安全を確保しつつ通常の8割程度で運行している状況なんです。
思いっきり徐行運転な訳で、ダイヤ通りの運行なんてできません。
もちろん電車を運行している会社は儲かりません。
大赤字です。
もっと高い乗車率でもっと本数を増やしてもっと高速に大量に乗客を輸送してようやく利益が出る価格設定だからです。
赤字でも電車が走っている事を両立と言うなら両立でしょう。
いずれ会社は倒産しますけどね。
私はそんなのを両立とは絶対に言いません。
自分はやらないから気軽に言うよねって感じ。
今後も嘘つき呼ばわりし続けたいと思います。

さて、遅ればせながら今年も食べました。

DSC_0173.jpg

マンゴー、美味しかったなぁ。
このマンゴーでも美味しいんだなぁ。
台湾、行きたいなぁ。
理由はわかりませんが、満足してません。
あと何回か食べたいと思いますので、あと何回か登場します。

今は、片方に感染拡大 もう片方は大不況という谷がある、両側に奈落の谷がある山の上を歩いているようなものです。
山の上は鉄骨くらいの幅しかありません。
ものすごくバランスが重要な時です。
両立というのは山の上に片側6車線の道路を作った状態です。
目をつぶって走っても大丈夫な状態が両立です。
今は鉄骨なんです。
鉄骨渡ってるんです。
キャンペーンなんか張って鉄骨の上を走ったら、どうなるかはわかりますよね?
あの鼻が三角の人だって走りませんよ。
我々はあのダメ人間よりダメって事です。
受け入れ難い事実だなぁ。
せめて私だけは、鉄骨の上を走らないようにしたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント