般若院の枝垂れ桜2020まとめの1

一律10万円が揉めてますね。
オンライン申請を止める自治体まであるそうで。
申請の60%に入力ミスがある、13回申請できた、二重支払いされている等々、いろいろあるようで。
手続きが早いからマイナポータルを使ってくれと言ったのは総務大臣でしたっけ?
早くないじゃん。
サーバー落ちているし、現場の確認作業は人海戦術じゃん。
住民基本台帳だかなんだか知りませんが、データベースと機械的に照合して作業を無人化するなんて、夢のまた夢じゃん。
地方自治体のテレワーク率は3%だったそうですよ。
霞が関はどれくらいなんでしょうね?
さっぱり準備ができていない中、なんでオンライン申請が早いとか言ったんでしょう?
普及率が2割に満たないマイナンバーカードを普及させるためです。
公務員でさえ取得率が3割に届いていないマイナンバーカードを普及させるためです。
ま、要するに、火事場泥棒ですね、得意の。
政府は国民を監視したいらしいです。
行政手続きが簡略化できるという名目で、資産状況から家族構成まで国民の情報を吸い上げたいらしいのです。
そのためのマイナンバーカードです。
マイナポータルとやらは、簡略化できるフリをするための撒き餌です。この撒き餌がさっぱり美味しそうに見えないところが問題なんですが、それはおいといて。
簡略化できるフリをするだけで良いので、システムそのものの整備はしていなかったようです。
今回でばれちゃいましたね。
実は人力なんだって。
システムじゃなくて、人海戦術なんだって。
さすが、USBを知らない大臣がサイバーセキュリティ担当しただけの事はありますね。
この火事場泥棒が得意な政府のどこを信頼すれば良いのか私にはわかりません。
ほぼ確実に機密を漏洩させるであろう政府に、私の個人情報を電子化して預ける気にはなれません。
これからマイナポイントなる新しい撒き餌も始まるようですよ。
個人の自由なのでお好きなようにすれば良いと思いますが、私はマイナンバーカード要りません。
ほらやっぱりって事にならないと良いですね。

さて、般若院の枝垂れ桜です。
まとめがすっかり遅れてしまいました。
ぼんやりしていると紅葉が始まってしまうので、ねじ込んでいきます。

今回は3月17日の、まだ少し早かった日です。
では、ズラズラっと。

IMGP3411y.jpg

IMGP3412y.jpg

IMGP3413y.jpg

IMGP3414y.jpg

IMGP3415y.jpg

IMGP3417y.jpg

IMGP3419y.jpg

IMGP3421y.jpg

IMGP3423y.jpg

IMGP3424y.jpg

月を入れたのが気に入ってます。
藤はもう終わりましたよね。
これからは紫陽花でしょうか?

そういえば、いわゆるDV被害者の申請は前倒しでとか言ってましたね。
あれはシステム的にどうやるんだろう?と思ってました。
人力なら簡単ですね。
システムが高度なんじゃなくて、人間が高度なのね。
申請件数が爆発的に増えて、確認作業をしている方々の負担は大きくなってます。
負担が大きくなるとミスを誘発します。
たかがお金なので、二重支払いとか反社会勢力の資金源になるというのには、この際目をつぶります。
事情があって世帯主と絶縁して生きていかなければならない方々の処理だけは丁寧にお願いします。
お金じゃなくて、命に関わりますので。
ミスじゃ済まなくなりますので。
どのような運用になっているのか知りませんし、難しい対応になると思います。
現場を知らない人間が言う事では無いのですが、どうか慎重に丁寧にお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント