般若院の枝垂れ桜2020の1

先日の新幹線といい、昨日の相模原といい、被告が望む判決が出ている気がします。
人によって違ってはいけないので基準は必要です。
必要ですが、基準を神格化して画一的になってもいけないと思います。
基本的に、全ての事件は全て個別です。
加害者も被害者も動機も背景も手段も結果も、全てが違います。
類似する部分はあっても、事件は全て違うのです。
機械的になるならAIでいいんですよ。
情報が多ければ多いほど、類似点を探して結論を出すのは機械の方が得意です。
人が犯した犯罪を人が裁く事に意味があるんです。
特に地裁は、もう少し柔軟でも良いと思いますけどね。
相模原の場合だと、責任能力を認めなかった方が被告には効いたんじゃないかと思います。
被告が無価値だと断じた立場に被告自身を置く事に意味があるような気がするんです。
と思ってるんですが、当事者でも関係者でも無いからなぁ。
今後の被告の行動にも責任は持てないし、言うだけなら簡単だよねって言われちゃいそうな気がします。
あ、新幹線の方は死刑です。
責任能力を認めないで無罪放免しても、新たな被害者が出るだけですからね。
刑務所で衣食住を心配せずに暮らしたいという望みをかなえてやるのを刑罰とは言いません。
2人でも死刑にするべきでした。
新幹線の方は迷いなく主張できます。

さて、般若院の枝垂れ桜です。
今朝、車も凍るような寒さの中、自転車で行ってきました。
鮮度が重要ですからね。
昼休みを使います。

このくらいでした。

DSC_0147.jpg

三分から五分ってところかと。
咲き始めなので、木がピンクに染まってます。
これはこれでなかなか。

去年はもう少し画像がありますね。
今日はスマホではこれ1枚しか撮りませんでした。
次回はもう少し撮ってきます。
1年ぶりなものでね。
いろいろ忘れてます。
デジ1でも撮りました。
そちらの方は、いずれまとめで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント