アンリシャルパンティエのマカロンの1

統計不正問題は、特別監査委員会?の報告が出て一段落してしまいました。
総務省から中身がさっぱりわからねぇよちゃんと仕事しろボケ情報が不十分という批判も出ていますが、少なくとも政府与党は幕引きにしたいようです。
専門家が法律的な観点から厳密な定義をした結果が”組織的隠蔽があったとは言えない”ですからね。
身内から批判が出てますが、これ以上は無いって事にしたいようです。
がよく使う言葉に法律ってのがあります。
沖縄の民意を無視して工事を進めている件でも法律に基づいてと言ってました。
特別監査委員会には弁護士だか検事だかも加わってまして、確かに法律の専門家はいました。
で、その人達が法律的な観点から厳密な定義をしたとは言ってます。
法律ってどの法律ですかね?
刑法に組織的隠蔽罪なんてありませんが。
そもそも不法行為ってのは自首すると罪が軽減されるようになっているくらいで、一般的には隠すものですが。
法律の専門家が参加した委員会が組織的隠蔽があったとは言えないと結論付けただけです。
その結論が、どの法律のどのように法律的な観点から導かれた結論かは説明されてません。
要するに権威付けに法律と言う言葉を使っているだけであって、さっぱり法律的では無いんです。
と、私は思ってます。
やっぱり、法律って言葉を出されると止まるんですよね。
そうなのか?いやそうじゃないんじゃないか?っていう時間が必要になっちゃいます。
追求を緩めるための時間稼ぎに法律という言葉を権力者が使って、しかもそれが曖昧だったり嘘だったりします。
姑息で卑怯です、
何が良くてあんなのを支持しているのか、やっぱりさっぱりわかりません。

さて、アンリシャルパンティエです。

画像


アンリシャルパンティエではマカロンも買ってました。
マカロンが美味しそうに見えたのかなぁ。
なんで手を出したのか、やっぱりわかりません。

今回は

画像


この2つと焼き菓子です。
残念なフィナンシェについては前回やりましたので、割愛です。

ピスタチオ

画像


と思われます。

ガジッと

画像


最初はライムかと思いました。
やたら爽やかな香りがします。
レモンの隣にあったから香りがうつったかな?
後からゆっくりピスタチオの風味がきました。
なんかツブつぶ粒があります。
ナッツのコクとかはありません。
さっぱりしたマカロンです。
これはこれでアリかも。

キャラメル

画像


ガジッと

画像


フワはいます。
モチとサクもちょっとだけいます。
カリはいません。
すっごく美味しいマカロンは全部いますよ。
美味しいなと思うマカロンには、3つがしっかりいます。
フワだけじゃねぇ。
キャラメルは苦味がけっこうあります。
香りがかなり強いですね。
香料を感じてしまう強さです。
そして、なんかツブつぶ粒があります。
すっごい邪魔なんだけど、このツブつぶ粒はなんなんだ?
それ以外でも、香りと苦味がとがっちゃってバランスが良くないです。

お茶はナムリンファーストにしました。

画像


あまりマスカテルではありませんでした。
もう少し香りが欲しいなぁ。
一方でメントール感はほんのり。
ちょっとだけすーっとします。
このくらいは許容範囲です。
要するに薄かったって事?
濃くするとメントールがきちゃう気がするのよね。
難しいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック