出外付け胃袋記

アクセスカウンタ

zoom RSS FXバーストの14

<<   作成日時 : 2019/02/10 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりにあの動画を見ましたが、未だにショックがありますね。
日大のDEが関学のQBに対してあのようなプレーをしてしまいました。
地域によっては小学生から始められるアメフトですが、小学生だってあんなプレーはしません。
あんなプレーはしてはいけないと指導されます。
まして、前年に学生日本一になったチームの、日本代表にも選ばれているDEなら、絶対にあんなプレーはしません。
絶対に、です。
では、なぜ、日大DEは関学QBに怪我をさせ、スポーツの場であるにもかかわらず傷害事件が起きてしまったのか。
どのような内容かは別にして、監督による指示以外にありません。
ですが、日大の内田前監督は不起訴になりました。
そもそも送検もされませんでした。
警察の捜査段階で、送検に足る証拠が集められなかったという事です。
こういうのは何て言うんでしょうね?
日本では、基本的には推定無罪が適用されます。
特に、被告が罪状を否認している時は、疑問の生じる余地の無い証拠を提出しなければ罪に問えません。
それだけ日本の刑事裁判は厳しいという事で、そこでの有罪判決はそれだけ重いという事です。
やっぱり具体的な指示があったという証拠は出なかったんでしょうね。
では、内田前監督に責任は無いのか。
あります。
もちろんあります。
ものすごく重い責任があります。
傷害事件が起こってしまったのは事実です。
どのような指導をしてきたにせよ、明確な指示はしなかったにせよ、フィールドで傷害事件が起こってしまったのは事実です。
選手の行動に監督が責任を負うのは当然です。
小学生でもわかる事を徹底できていなかったという事は、学生アメリカンフットボールの指導者として失格です。
人に教える資格もチームを率いる資格もありません。
他の仕事については知りませんが、アメフトに関しては10年単位で携わってはいけないと思います。
それほどひどいプレーでした。
それほどひどいプレーだったんですよ、内田前監督。
よーく反省して下さい。

さて、FXバーストです。

画像


FXバーストは引き続き左腕を作ってます。
こうやって見ると、本当にウエストが細いですね。
機械の強度として、大丈夫なんだろうかと思うくらいです。
ま、デザインする時は、そういうのは考慮しないんでしょうけどね。
キットとしての強度は大丈夫だと思います。

今日は?ここまで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
FXバーストの14 出外付け胃袋記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる