痛恨の日の5

ついでなんで入れ墨について。
芸能人が嫁と子供の名前を肩に彫りまして話題になりましたね。
そういうのは体じゃなくて心に刻むもんだと思いますが、それはおいといて。
人を見かけで判断してはいけないから入れ墨も認めてあげようみたいなのがありました。
じゃ、なんで彫るの?
ファッション?
ファッションの定義にもよりますが、一生デザインが変わらないし脱げないものがファッション?
意味がわからないなぁ。
私は入れ墨はしません。
家族が彫ると言ったら、首に縄をかけてでも反対します。
が、知らない人が彫る分には好きにしてと思います。
もちろんその人に対して偏見は持ちます。
お前がお前の体に印を入れるのがお前の自由なら、俺がお前にどんな感情を持つのも俺の自由だと思うのです。
自分が自由にしておいて、それを否定する自由は放棄してくれってのはあつかましいでしょ。
こちらに自由を放棄させるだけの材料をくれないと。
材料はすっごくたくさん要りますよ。
入れ墨というのは、現在でも、ある組織に所属している方たちが彫るものですから。
図柄が違うから、こっちはタトゥーだから、ってのは詭弁です。
入れ墨をしているけど組織に属しているという偏見を持たれたくないってのは、どうにも考えが甘いです。
だって、現にしてるもの。
ルールありませんっていう意味だもの。
偏見を持つなって方が無理な相談です。
そういう偏見は持たれたくないってのは覚悟が足りないと思います。
覚悟を持って組織に属している方たちにも、覚悟を持って彫ったであろう芸能人にも失礼です。
こういう時に寛容って言葉を使うのは違うと思うんだよなぁ。
私は死ぬまで入れ墨に寛容にはなれないと思います。

さて。
痛恨の日の続きです。
先日、プチリベンジができまして、マイナス感情は払拭されました。
ので、もう痛恨な感情はありません。
なんというか、消化試合?
ま、このblogそのものが消化試合みたいなもんですけどね。
よろしければ、お付き合い下さい。

お台場で自由の女神を撮影しましたら、おなかが空きました。
という訳で、昼食です。

画像


バーガーキングでございます。
自由の女神側に降りましたんで、アクアシティに行ったのでした。

行った日くらいから始まったセットを頼みましたが

画像


もうセットの名前は忘れてしまいました。
すみません。
パテが3枚ですが、これがデフォルトだったと思います。
店員さんが外人さんだったので、内弁慶?な私は追加オーダーなんてできませんでした。
パテが3枚のセットだったと思います。

ガジッと

画像


たまねぎ?
汚くてすみません。

フードコートには海外の方がたくさんいて、ちょっと面白かったです。
東南アジアな方はがっちりダウンを着こんで寒そうにしてました。
食べているのも湯気が上がっている汁物でした。
欧米な方はTシャツに短パンで。
短パンも、小学生か?ってくらいの短パンで。
バーガーキングを食べてました。
大体、私のファッションは季節感がおかしいんですけどね。
2枚足らないだろうってよく言われます。
以前はびっくりドンキーの店員さんにも心配されました。
が、アクアシティのフードコートではそういうのは気にしなくても良さそうでした。
良い所だ。
ちなみに私は、長袖シャツをまくって汗かきながら食べてました。
バーガーキングのとなりにホブソンズがあって、それにものすごく惹かれてたんですが、アジア人としてなんとなく自粛したのでした。

次回、ようやくガンダムが出ます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック