サルベージ豆大福の最終回 群林堂

GHOSNは元旦まで勾留される事となりました。
日経新聞を読んでいたら司法のガラパゴス化が問題になるなんてのがありました。
司法ってそもそもガラパゴスなんじゃないの?
殺人でも麻薬でも各国で判断が違うと思うんですが。
むしろ違わないといけないと思うんですが。
現状の人質司法が正しいかどうかは、別の機会に議論すべきです。
だって、GHOSNは現行法で逮捕されちゃったんですから。
今から新しい法を作って新しい運用を始めたってもう逮捕されちゃった人には間に合いません。
法の不遡及は大原則です。
見直す機会なら今までにいくらでもあったはずです。
沖縄の基地建設に反対していた人の長期勾留についてはアムネスティインターナショナルから勧告されました。
籠池さんちのご夫婦も勾留が長かったです。
フランス政府の息がかかった人が逮捕されて海外の注目が集まったから慌てて司法制度に異議を唱えるというのは、なんというか、情けないです。
もっと前から真摯に向き合うべき問題であったのに、このタイミングで、ガラパゴス化なんて言葉で、司法制度を批判するのはその場しのぎの責任転嫁だと思います。
年が明けて保釈されたら、我関せずになるんでしょう。
プライドも責任も何にもありませんよね。
経済紙なんてそんなもんなのかなぁ。
けっこう残念でした。

さて、サルベージ豆大福です。

画像


いよいよサルベージも最終回です。
まあ、甘いもの全般サルベージみたいなものですけどね。
じゃがりこもそうかもなぁ。
さっぱり即時性の無いネタでやっております。

今回はこちらです。

画像


群林堂です。
音羽にある行列の絶えない有名店ですね。
三大豆大福のひとつなんだとか。
私が行った時も行列してました。
けっこうな行列でしたが、オペレーションが良いのでけっこうサクサク進みます。
並ぶだけの価値はあります。

そんな群林堂の

画像


豆大福が

画像


こちらです。
当時147円でした。

ガジッと

画像


大きさは普通ですが、豆も粉も多いです。
大福って感じで豆の存在感がすごいです。
つぶ餡はしっかり甘くて小豆の風味もしっかりしてます。
存在感のすごい豆のさらに上をいく主張をしてくるつぶ餡です。
塩味はそれほど感じません。
お餅は滑らかでしっかりとコシがあります。
大きさは普通ですが食べ応えがあり、1個食べるとかなりな満足感があります。
なんというかダイナミックな豆大福です。
ご褒美に食べたい感じがします。
あと、とにかく粉が多いです。
何も準備しないで考え無しにかぶりつくと大変な事になります。

どら焼きはうさぎやとかそれなりに食べてますが、豆大福は買いに行ってないですね。
久しぶりに食べたいなぁ。
岡埜榮泉めぐりってのも考えてたななんて思ったりしました。
上野とか谷中とか小石川とかありましたが、今はどうなってるんでしょう?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック